50代で無理なく痩せた頑張らないdiet記録 自分を癒す自分ケア 心豊かになれる古き良きこと を綴っています。

「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」が重要

*エッセイ
*エッセイ
スポンサーリンク

こんにちは。つぶあんです。
ちょっと間が空いてしまいましたが、ダイエットは進んでいます♪

今回は、最近思ったことについてここに記してまいります。

それは、タイトル通りです。

仕事でなくても頭で考えるできるかできないかの問題よりは、結果としてやるかやらないかが重要なのでは?という問題。

  

スポンサーリンク

できる人って何?

職場で、あの人はできるから~という発言を耳にしたとき思ったこと。

「何ができるの?」
「パソコンが。」
「でも、この作業はみんな初めてでしょ。」
「あの人は何でも出来そうだから。」
「できるかできないかはやってみないと分からないよ。」

と言う会話。

人って、自分から見た相手に対して何故か優劣をつける。

人は人、自分は自分でいいのに・・・と思うけれど、自分が苦手な事をさっさとする人に対して、あの人はできる人というイメージを持っちゃう。

勝手に。
・・・別に比べなくてもいいのにね。

そして、その人はできる人になっている。
やれるかどうかなんて、実際には見たことないのに作り上げられている。
実際、PCの作業なんて、やり方は習った人もいるし、独学で自分なりに習得した人もいる。
その差はどうでもよくて、仕事なんてやってみて結果的にできていればいいのだ。

そう。仕事って、結局のところ結果が大事。
過程も大切な流れには違いないけれど、結果良ければすべて良しみたいなところある。

もちろん、全てがスムーズに、スピード感もあり尚且つ結果が良ければ言う事ない。
これが毎回こなせるならできる人かもしれない。

それでも、そのできる人も最初は違ったはず。
まずはやって来たからそうなったに違いない。
できるできないの前にやるかやらないかが問題になってくる。

  

スポンサーリンク

やってみないと分からない

まさにこれに尽きる。

頭で考えて、できるかなぁ・・・できないかも。
そんなことが、やってみたら意外とできちゃった!なんてことも有ったりする。

私の場合は今回のダイエットがまさにそう。
これは、元々は自分の中で絶対にそんなに痩せられるはずがないと思い込んでいたほど。

痩せてもせいぜい2~3キロだろうな。
そして、そのままリバウンドするのがオチなんだろうな。
それがいつもの私の考え。

ところが必死にならずに結果的に7キロも瘦せた現実がここにある。
これこそ、やってみたからなのだ。

 
折角なのでダイエットについてまとめた記事があるのでこちらに貼っておきます。

  

継続してきてたどり着いた私なりの分かり易い16時間ダイエットの考え方

  

意外なほどこんな結果がでて自分が一番びっくりしている。

こんなふうにやってみないと分からないことが証明している。

物事は頭で考えている状態のできるできないではなく、
実際に行動して見て分かるやるかやらないかなのだ。

 

これに似たことで、人は人生を振り返った時必ずこんな考えにたどり着くとか。

 

それなら尚更癖をつけた方が良いのでは?
家族や人のためになら行動できるのに自分の事となるとなかなか行動できない人は多い。

 

仕事においては最重要

今回は仕事でのあることがきかっかけになってこの事を考えた。

物を売るという仕事は現場においては、即行動が売り上げを作る。
商品が入ったら、その商品の陳列に必要な決まった日程、もしくは即日即出しが必須行動となる。
新鮮さが必要なのは食べ物だけではないのだ。
出さなければ売り上げに全くつながらない。
倉庫に放置なら売れるものも売れない状態を作っていることになる。

それができるかできないかという頭で考えて
「今日はあれもやらないといけないし、これもやらないといけない・・・できるかなぁ。いや、できない。無理だ。」
と、思う部分が有れども、
「どうやったらそれをこなせるか」
を、考えることの方が重要なのだ。

やるかやらないかを選択する部分で、真っ先にできない理由を考えていたら間に合わない。
こんな風に日々をこなして行くのが当たり前の販売業の毎日。

そこで
「今日はやることがあるから無理です。」
と即答する人物がいたなら、この人はやる気があるのか?とみなされても仕方がない世界かもしれない。

スピード感重視。
入荷した商品は、その日からどんどん古くなって行く。
アパレル時代からそれは叩き込まれて来た。

そこに販売未経験の人はなかなか慣れないだろう。
販売業って入り口は広いけれども、仕事はハード。
急がないとすっかり置いてけぼりにされてしまう。

前職ではできる人だったかもしれないけれど、未経験の場所ではそうはいかないのが現状。
どんなことにもやるかやらないか精神が一番大事かもしれないね。

私も自分にそう言い聞かせながら、仕事をこなして行かなくては。


私の職場には、様々な世代が入り乱れている。
言わなくても動く世代(本当に仕事がやりやすい)
言わないと動けない世代(言った事はその後動けるようになる)
言っても動かない世代(えー、それじゃダメじゃん)
こんな風(笑)

こんなに世代ではっきり違うって感じるほどいろんな人がいるのね。

面白いと言えば面白い。

つぶあん

コメント

タイトルとURLをコピーしました