ようこそ60歳、干支が一周し生まれ変わりを迎える年齢になりました。

*エッセイ
*エッセイ
スポンサーリンク

こんにちは。つぶあんです。
60歳を無事に迎え人生で一度の干支を一周した事に。
日本では生まれ変わり、ここからまたスタートの年齢と言う事になります。

いやぁ・・・。人生60年目なんていつか来るとは思っていましたが。
50歳を過ぎてからは早かったような遅かったような・・・。

老化現象も体感しながらですが、覚えたい事もまだたくさんあるお年頃。
昭和生まれの私は、良き時代に生まれ平成令和と生きてきました。

考えてみると今は世代が多いのもあり「一般的」とか、「普通」とか、そう思い込んできたものが覆される世になりましたね。

100人いれば100人とも違うという時代。
昔は良かったと懐かしむ当時の世代や現代の世代の昔への憧れ。

昔は〜だったのに今は〜と、昔と比べて悪い事も言われておりますが、良いことも沢山ありそちらに目を向けて生きていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

60歳は人生の生まれ変わりを指す

干支が12 十干が10 その組み合わせが60あります。
そしてそれは日本の数え方で、詳しくは私の以前の記事をどうぞ♪

2024年は辰年。60歳は必ず生まれた時と同じ干支になります。
数え方がまた一から始まるので生まれ変わりと言うわけです。

面白いですね!

還暦には「赤いちゃんちゃんこ」でお祝い。
もうすっかりおじいちゃん、おばあちゃんのイメージの強かった還暦祝いですが、

現代の60歳は若いですね。
年金制度や定年制度も伸びて65歳が増えてきました。

50代とちょっと違うのは老化を感じやすくなったことかしら・・・?(笑)

これは自然現象なので自分の身体にまかせて心地よく年齢を重ねて行けたら幸せです。

 

スポンサーリンク

50、60歳で考える事

老後かな?
お金の問題?
健康の問題?
まるで不安になる事ばかりで自分をあおってる気分。
でも、人の根本はそうなんだそう。
不安を回避するために不安な事を考える生き物なんだとか。

  

でもそれだけじゃぁつまらないし「どうせ若くない」という考え方だけはしたくないなぁ。

私は、16時間ダイエットのおかげで今が一番丁度良いスタイルで、持っている服も、お腹を隠そうとかお尻が隠れる丈とか気にせず悩まずに着こなせるようになりました。

接客業やアパレル経験もとても良かったと思います。

見た目重視な部分は、顔より姿勢。
手入れの行き届いた美しさ。
意識の向ける方向や考え方。

この辺りは自分にとって重要視する部分です。

きっとそれらはこれからも。

 

目標は毎日を楽しむコツを見つける

60代で検索すると「年金〇万円でやりくり」とかそんなタイトルの記事が目に付きます。

年金は確かにそうですね。
受給する年齢になってきたと言う事。

たまたま目にしたのは「5万円でやりくり」と言う記事。
やろうと思えばできるんですね。
その方の置かれた環境によるとは思いますが。

それを、頭から無理と思うか、できるならやってみたい楽しそうと思うか?
それだけではありませんが、どう受けとめるかで自分のこれからの楽しみ方が変わるでしょう。

  

2年前の今頃、私は無職でした。
無職でしたが、内容の詰まった日々を過ごしていたのでよく覚えています。

家にいて自由な時間がたっぷりあったので Instagram、YouTube、X(あの頃はTwitter)でネットでイラストを載せてそこから来てくれた見知らぬ人とやりとりしたり、なんだか毎日楽しくてワクワクして過ごしていたら間もなく求人を見つけて応募する事になり働くことになって急に忙しくなりました。

今ではこうしてblogだけを更新しています。

  

小さな力だけど誰かの役に立っているかも

blogは一年、また一年と続けています。
こういったことは時間と共に変化がありますが、断念する方も多いみたい。
私はエッセイもつづりつつなんとなくですが、こうして漠然と継続しています。

どんな人が書いているのか分かっていいかもと勝手に思いながら・・・。

メールも時々頂きます。スパムメールも来ますが当サイトは日本語のみ受け付けにしています。
ありがとうございます。
母国語以外は解釈できかねるので日本語で対応できる事に関しては対応していきます。

ひとまずブログを続けているといろいろありますね。
さらっと書いた記事、とことん調べて勉強した記事などありますが、私の場合書きあげると一旦無になります(笑)

個人的に50代後半からチャレンジしたダイエットは、本当にやって良かったので関連記事の閲覧数が増え続けているのを確認しては書いてよかった~としみじみ感じています。

今日はそんな気持ちもありつつ、見て下さる方への感謝の気持ちと、60代に突入した自分を振り返りながら書き綴りで終えたいと思います。

世界の片隅の小さなブログですが、読みに来てくださる方へ何かしら参考になれば幸いです♪

つぶあん

コメント

タイトルとURLをコピーしました