自分癒し & cocoro ときめく事を見つける blog ゆっくり更新中です!

50代が始めた16時間断食ダイエットはどうなった?②現在進行形の経過報告

*エッセイ
*エッセイ⁑自分ケア

こんにちは。つぶあんです。
今回は去年の秋から取り掛かっている16時間ダイエットその後の経過を書きます!

さて、私は今どうなっているのでしょう???

 

16時間ダイエット

前回の記事、私が16時間ダイエットを始めましたと宣言
(勝手にですが(⌒▽⌒))
その後の様子はまだ一度も書いていません。

ひとまず、その時の記事はこちら↓この記事、たまに読んで頂けているので、宣言しただけでは終わっては駄目よね。ちゃんと結果を出してるかどうか。

 


やり方の内容については上の記事が詳しく書いてありますが、ちょっとここでおさらい。

1日の食事の時間を8時間内で済ませ、残りの16時間は断食をするというスタイル。簡単に説明するとこうなりますが、私はがっつりそれを守っているわけではありません。

現在の経過報告

詳しい経過を書く前に、結果を先に書くと・・・。

現在2キロ痩せました。
2キロくらいと思うかもしれませんが、一時は3キロ以上痩せたので行ったり来たりの時期も含めて、2キロは確実に痩せていて、気を付ければ今後も毎日少しづつ減る感触もあります。

しかも、時間を使っての運動は特に無しです。

そうなんです。理由はこれから書きますが毎日30分2.5キロを歩いていた有酸素運動はしなくなりました(笑)

  

生活環境の変化

50代なので、代謝が悪くて若い時の様には簡単に痩せない。これは悲しいけど確実。

若い時はあっという間に痩せてガリガリになった経験もあるのですが、基礎代謝が落ちているのでちょっとくらいの運動や食事を抜いたくらいではびくともしません。

更に、季節的に寒くなるので、動きも鈍め。(いつもより)

更に更に、10月に退職したので毎日立ち仕事だった環境ではなくなってしまった。(仕事中は、いつも動いていて1時間の休憩時以外座らなかった)

そして、家で歩いていたのをやめた理由は、長年使っていたウォーキングマシンが壊れました。
壊れたと言うには多少の違いがありますが、実際はベルトがめくれてしまって歩くと足にひっかかり、浮き上がって凸凹の範囲が広がってしまったので断念することに。

と、言うわけで唯一続けていた自宅ウォーキングができなくなりました

という、マイナス要因が追加されております。

  

下半身を使う体操を開始

マシンが使えなくなると、本当に動かなくなりやばいです。

なんてたって私はインドア派な人で外に出るのが嫌い。
現在は灯油が無いとか、食品などの買い出しとか、必要な事がないと寒いし動きたく無いしで引きこもり。
友達からの誘いならすぐ動けるけどコロナ禍だから遠慮気味。まぁ、そんなことはどうでもいいケド。

それでも、徐々に体重は減っていました。
・・・が、たまに食べると「やっぱりかー!」と言う結果の繰り返し。毎日アプリ管理してるので、グラフを見るとギザギザで変動が分かり易い!

でも、このままでいいのか?痩せないというよりも健康のために考えました。

足のふくらはぎの筋肉は使っていない間に血管もゆるくなって身体全体に血液を送るポンプの調子が落ちてしまうのと同じなので、そこは何とか避けたい。

血流が悪くなると肝臓に負担もかけちゃいます。肝臓はだまって耐える臓器なので大切にしてあげないといけません。

なので、そこは単純な考えで意識的につま先足立で家の中を移動していました。

ブログを書くためのデスクですが、スタンディングタイプなので、立った状態でパソコンに向かえるように高くしてみました。(ようやくデスクの機能が使えます!)

それではまだまだ足りないだろうという事で、ここはYouTube先生に頼ることにしました。

簡単で飽きずに継続できそうな体操ってないかな?

そんなのあるんかい?と半信半疑でしたが、有ります有ります!見つけましたよぉ!

 

 

こちらのストレッチと言うか、ちょっとコツがある足踏みなのですが、実際に毎日2回やることにしました。

他にもいろいろな動画を観ましたが、簡単なのと即効で効果を実感できたので唯一これだけが続いています。

   

ズボラ筋?

上のYouTubeのNOBU先生の動画を観ていただくと分かるのですが、この足踏み体操って、2週間で10キロ痩せるダンスとかにも出てくるのと似ています。←そういうことはやってないのに覚えている。

直接効くのは下っ腹で、普段の生活ではまず意識してもなかなか動かしていない筋肉が動くので、実感できるように下腹部が凹みました。

その普段動かない筋肉を先生はズボラ筋とおっしゃっています(笑)
まさにその通りですね!分かり易い。そして下っ腹の内臓脂肪から落ちていきます。

あ、この時下っ腹のお肉が内臓脂肪なのか皮下脂肪なのかは、自分でつまんでみると分かると思います。湯船に浸かりながら指でしっかりつまんでみて、上下に簡単にブルブルと動くようならそれはきっと皮下脂肪で、手強いです。

なので、皮下脂肪は外側からも刺激を与えて柔らかくして手助けをすると良いです。

私は入浴時につまめるところはつまんで揉みほぐすように指でブルブルしています。これも継続すれば結構効きますよ。

結論からして筋肉は付けるように意識をして行動しています。
筋肉が落ちてしまうと身体にいいことはありません。 

慣れてくると

初めての時、それほどやっていないのに腹痛を感じて、はて?何が原因?と思ったらなんと筋肉痛。
ほぼほぼ使っていない筋肉を動かすとちゃんと動いたよの合図が。

なので、頑張って無理にやりすぎないこと。なんだか急な腹痛になっちゃいますからね。

毎日継続すれば、きちんと結果が出て自分でその感覚が分かります。

実際に私の場合は、最初は足が上がらず手にも届かない状態でしたが、今では前後ともタッチできるようになり、足に柔軟性が出てきて今ではお尻キックなる状態までに。

そして、ぴったりだったデニムのウエストが、ゆるくなりました

まさに、継続は力なりですね

それ以外の運動はしてないので、そろそろ新しいズボラ筋を動かすストレッチ方法を追加しようと思っています。

運動なしと書きましたが、実際この運動、10分もかからず。自分ではしているうちに入らない感覚です。

私がたまたま見つけたNOBU先生の動画は、他にも取り入れやすくて寝ててもできるものなどがあり、説明も細かく、どの筋肉が動くのか、どこに効いているのか納得できたのでオススメ、気になる方は是非YouTubeでご覧ください。

  

体内環境

この経過中なんですが、肌の調子が良くなりました

間食をしなくなったのもありますが(完全にではなく)お腹の調子もいいですよ♪
体重だけではなく、身体の中の改善にもプラスになっている気がします。

お腹いっぱい食べることが無くなりました。腹八分目で食事を終えて、食後のコーヒーで満足感が得られます。
コーヒーも一日に3杯くらいは身体に良いとのことなので、飲み過ぎずに適度にとっています。

ナッツは食べて良いとのことで買い置きしていたのですが、結局あると食べちゃうのでやめました。

小腹が空いたときは、カゼインプロテインを摂っています。

 

まとめ

50代の私が16時間ダイエットを継続していての現在の事を書いてきました。

ここまで運動せずに体重が目に見えて減っているのは確実に食事をコントロールした日

ついつい脱線してクレープ食べたりした次の日は、まさか!このまま体重減少?なんてことなく当たり前のように戻ります。(笑)

でも、翌日キチンとコントロールできればまたそこからスタートしてくれるので、増えた分もそこまで怖くありません。

そして、減るのは徐々にという感じですが確実にです。じわりじわりと減ります。
多分、以前よりも整ってきている感じ。

体重だけで判断するのは危険なので、できれば代謝と筋肉量も分かるといいですね。ちなみに筋肉をつけると体重は増えますので、運動を併用する場合は筋肉量が増えていたら体重は気にしなくていいです。筋肉量が増えれば基礎代謝も上がるので健康的に痩せますね。

今のうちに痩せやすくなるような体内環境を整えておいて、また生活サイクルが変わった時に運動になる事が習慣としてプラスされたら。

ベストな体重をキープできるようにこのまま16時間ダイエット(実は12時間で充分)を続けていきたい。

ダイエットと言うか、習慣化ですね。

年齢を重ねて、おばあちゃんになって行く時にどうありたいか。

何もしなくても小洒落た可愛いおばあちゃんになりたいから16時間ダイエットを楽しみたいと思うのでした♪

そして半年後へと続く・・・。

 

 

つぶあん

コメント

タイトルとURLをコピーしました