50代で無理なく痩せた頑張らないdiet記録 自分を癒す自分ケア 心豊かになれる古き良きこと を綴っています。

50代が始めた16時間断食ダイエットはどうなった?⑤自分にベストな方法ですか?

*ダイエット
*ダイエット
スポンサーリンク

こんにちは。つぶあんです。

16時間ダイエットを始めてから、8か月が過ぎ今の私は数値の上では5キロ減の状態です。
58キロから始まった体重が53キロになり、それ以上に自分の身体に詳しくなってきました。

ダイエットで一番大切な部分。
どうすれば健康的に痩せることができるのか。

ここがポイント。

はじまりはここからでした⇩

 

スポンサーリンク

結論は自分に合っているか。

ダイエットって色々ありますよね。

結論から言うと「16時間ダイエット」は、50代からでも確実に痩せます。

が・・・、注意点があります。
重要な点は、単に16時間の断食と考えて取り組むと身体を壊す。

16時間空腹にすることでメリットやデメリットがあることを忘れずに、それらの事が自分の身体に当てはめた時に問題が起きないかを知ることが大前提です。

  

私が至った結論は、取組むダイエットが自分の身体に合っているかどうかがとても重要だと言う事。

自分に合っていないダイエットをしているうちは結果が出なくて挫折してしまう。

自分に合うということは、
1.自分自身の身体に無理なくできるかどうか。
2.自分の生活に取り入れられるかどうか。
3.自分の体質に合っているかどうか。

そして、正しいやり方や健康に関する知識を理解し、無理なく取り組めているか?

これらの事がぴったり当てはまると楽しくダイエットできるので苦になりません。

  

自分の身体に無理なくできるかどうか

そのダイエットをするに当たって、無理を強いられる強い意志が必要な場合。

継続できるかどうかが問題になってきます。

運動を全くしなかった人が急な運動をしても痩せるどころか倒れてしまうでしょう。

それでも、ダイエットするには適度な運動は欠かせません。

それはどうしてかと言うと、筋肉が付くことによって燃焼する力が上がるからです。

脂肪だけではなかなか痩せません。

食べなければ痩せるのは確実ですから、なぜ痩せないのかは直ぐ分かりますよね。
食べるのが好きだから。

じゃあ、食べない為には?

意志が必要と言うのはそこです。

運動と言っても、最初は小さな事からコツコツと今取り掛かるだけで先のスピードが変わります。

食べるのが好き以前に生きる為には食べないでいるわけにはいかないです。
ただ、食べ過ぎなければ良いのです。

それならスタートは、3食お腹いっぱいをやめてみる。

最初は小さな「これくらいなら全然できる」というスタートで構いません。

自分の身体に無理なくできるかどうかが問題で、継続できれば意志もついてきます。

継続できるようになると、「最初はできないと思ってたけどできるようになった」が増えていきます。

 

自分の生活に取り入れられるかどうか

運動で目標に向かっている場合、その時間を取れるかどうかです。
ジムに通う場合、ウォーキングやジョギングなど、時間を作って行動する場合。

その時間を作る必要がありますよね。
16時間ダイエットもその時間の当てはめ方で身体にリズムができるようになります。

生活の一部になってしまうと、無理にダイエットしてる感覚ではなく習慣として繰り返すことができるようになるのでとても楽です。

そのリズムができてしまえば継続できますし、上手に健康的に過ごせるようになってくるかもしれませんね。

自分の体質に合っているかどうか

まず必要なのは、自分自身を理解することです。
自分の体質は長年付き合っている自分の身体の癖を知ることから始まります。

それから、自分がどんな理由で標準以上の体重なのか。
筋肉なのか、脂肪なのか。
遺伝なのか、食べ方なのか、運動不足なのか、はたまたストレスなのか。

そこの原因が分かると、自分がどんな理由でその体質になっているのかということが理解できます。

自分の体質が分かると、ダイエット方法も違ってくるのが分かります。

それが分かれば自分に合ったダイエットが見つかる近道が分かりますよね。

スポンサーリンク

改善されたこと(私の場合)

8カ月ほど経ち、体質改善できたように感じています。

いろいろありますが、過去に不調と感じていた自分自身の身体の症状が改善されています。

偏頭痛・片頭痛を感じにくくなりました。

ふと気が付き、そういえば・・・と言う感じですが、最近と言うかしばらくの間「鎮痛剤」を服用しないでいる事に気が付きました。

去年の秋まで勤めていた職場では、自称「偏頭痛持ち」と言っていたほど鎮痛剤を持参して備えていました。

季節の変わり目の「めまい」も完全には無いとは言えませんが減りました。

身体の中の余分な物がそうさせていた感が否めない(笑)

勝手な思い込みかもしれませんが、いつも快調とは言い難かったこともありダイエットで身体の中の余分な物が出て行ってくれたのでは?と思います。

体が軽くなりしゃがんでも苦しくないので動作に無理が無くなってきました。

ピーク時はお腹が邪魔をしてしゃがむとちょっと苦しかったんですよね(*´σー`)エヘヘ

そして疲れにくくなったように感じています。

これは以前にも紹介したアスタキサンチンを摂っていることもあるかもしれません。

抗酸化作用とアンチエイジング効果があるとされる私には欠かせないサプリメントで、自分には合っていると思います。

 

見た目が変わった

先日、前職関連の友人に会いに行きました。

会う前にLINEで友人から
「いろいろストレスあるけど、ちっとも痩せない!」
と振ってきたので、
「ストレスで痩せたらダメだよ〜。私は、5キロくらい痩せたよ。ダイエットで」
と送ったら
「えーーーーーーーーー!」
と食いつきが良すぎて(爆笑)

「見たい!見たい!」
と言うので、甘い物の差し入れを持って(笑)行ってきました。

顔を見せるなり、身体に注目して
「本当に痩せてるーーー!どうやったの?ね、どうやったら痩せたの?」
と食い気味過ぎ。

彼女と私は同じような背格好の体形で、痩せにくく太りにくい中肉中背。
ダイエットをする前の私と大体同じようなスペックで、太っては見えないけれどお腹周りや二の腕周りお尻よりも内もも辺りがしっかりと肉厚。

全体的に皮下脂肪で覆われているような感じで、下着などで押さえれば、押さえていない部分に肉が動き段ができる。
そんな感じ。

私がやった「16時間ダイエット」を自分なりに工夫した16時間はあけないで12時間で大丈夫な方法を伝授してきました。

早速取り組んでいるようです。

服にこだわらなくなった

以前はアパレルだったこともあり服が大好きな私ですが、今の職場は制服があり休みの日しか私服を着ないので、服にこだわらなくなり購入もしなくなりました。

更にいつも体型や見え方を気にして着られなかった服も平気に。

痩せる前はとても洒落に気を遣っていたけれど、瘦せたら気にならなくなりました(笑)
不思議ね。
なので、パンツも履きやすいウエストゴムでも平気だし部屋着にしか着ていなかったTシャツも普段に着るようになりました。
今まではブラウスやシャツやワンピを着て、生地感を大切に服のコーデを選んでいたのにね。

そのおかげで必需品にお金を使うことができるように。

もちろん、ダイエット自体にはもともとお金をかけていないので無料です。

痩せるとおしゃれしなくても良くなります(笑)

2022年7月下旬の現在

そんなこんなで今も継続しているダイエットですが、ここ最近は53kを切って52k台に。

出産してからは見たことも無い体重の数字にお腹のお肉ばかり気にしていたけど、そういえば足も細くなった気がする。

一番わかるのは背中のお肉が無くなってきた事。
背中が丸かったので背中を気にして体操をしているせいかもしれません。
ストレッチポールに寝転んでゴリゴリしています。

背中痩せは難しいし、硬いので継続あるのみですね!

痩せたつぶあんからでした!(笑)

最後まで読んで下さりありがとうございます♪

つぶあん


コメント

タイトルとURLをコピーしました