自分癒し & cocoro ときめく事を見つける blog ゆっくり更新中です!

暑さに負けない!夏を快適に過ごせる機能を持つ生地

夏・生地おすすめ⁑衣
⁑衣*日々の暮らし
スポンサーリンク

夏!梅雨も明けると、いよいよ盛夏突入の季節到来です。

汗っかきで夏服はいつも濡れていて風邪をひいてしなうという方、少なくないですよね。

そんなあなたに快適な夏の衣類があります。

今回はどういった素材があるのかの紹介です!

私は長年メンズアパレルに携わってきました。百貨店での学生服から始まり、紳士服、カジュアル、オーダースーツ、シューズまで、トータルで経験し販売歴も15年以上のつぶあんがこの記事を書いています。

スポンサーリンク

夏は快適な素材を身に着けて下さいね!パフォーマンスもアップするんです。

夏といえば、服を着るときにどんなことを考える?

そうだな。暑いし汗をかくとべたつくから嫌だなってのが一番かなー。

わかる!服の中で体温も上がるし汗が止まらなくなる!。

麻・リネン

リネンファブリック

・天然素材の特徴は

丈夫で長持ち・通気性がよいので涼しい・汚れにくい・吸水性が優れている・保湿性があり冬も温かい。

しわになりやすいですが、そのしわも麻の持ち味です。

張り感のある素材ですが、使い込むほどに風合いも柔らかくなり毛羽も出てきます。

長く使いたい素材です。

麻のシャツは風通しもよくて涼しいから好き!ちょっと崩してかっこよく着こなせるとこなれ感があって素敵!

コットン

コットン

綿花からできている吸水性に優れたコットンは天然素材なので肌に優しく気持ちいいですね。

生地に水分を吸収して乾燥した場所では水分を放出する。

タオルや肌着に多く使われているのもその特徴が活かされるから。

そして洗濯にも強い。昔から愛されてきた素材の一つです。

そういえば、僕の服はコットン素材の服が多いなぁ。気持ちが良くてタオル素材のセットアップを部屋着にしているよ!

レーヨン

レーヨンファブリック

レーヨンは木材パルプが原料の化学繊維です。

程よい重みでストンと落ち感があります

濡れると弱いというデメリットはありますが、強い負荷をかけたりしないよう気を付ければ問題ありません。

シルクに似た質感があり発色が良くアロハシャツにレーヨン素材のものが多いですね。

縮みやすいので洗濯にはおしゃれ着洗い洗剤の使用がオススメです!

夏になると鮮やかな大柄のアロハシャツをよく見るようになるけど、風にひらひら揺れて軽くて着心地よさそうって思ってた!

絹・シルク

シルクファブリック

艶があり滑らかな質感で肌なじみが良く優雅な素材として珍重されてきました。

カイコの繭を紡いで細く長くよりあげた糸で織ってあります。

通気性・保湿性・吸湿性に優れており、UVカット率も高く夏は涼しく冬は温かい。

人の肌にとても良い素材です。

シルクがとても肌にいいっていうのはタンパク質が多く含まれているからなんですって!あの滑らかさは他にはない質感!

サマーウール

メンズビジネスにはお馴染み。

冬のウールと違って通気性がありシャリっとした張りのある質感で通気性に富み涼しい素材です。

ジャケットやスーツ・フォーマルに多いです。

お父さんの夏用の礼服がサマーウールだったよ。季節に合わせて持っておくといいんだって!

サッカー・しじら織り・リップル

サッカー・しじら織りもなじみ深いです。こちらは織り方。綿が多いです。

リップルファブリック

サッカー・しじら織りの特徴は、

伸縮性の張りの違う糸を織り方に特徴があり凹凸を持たせた生地・肌に触れる面積が少なくさらっとした肌触り。

軽くてしわになりにくいのがうれしい生地です。

この生地は汗をかいてもくっつかなくてさらっとしているから好き!

ポリエステル

ポリエステルといえば昔から裏地にも多く使われてきました。

合成繊維として最も使われている素材です。

特徴は、摩耗に強い・手入れが簡単・速乾性がある・しわになりにくい・形状記憶機能があるなどから非常に人気があります。

『ポリエステル + ポリウレタン』の素材に夏に適した機能を盛り込んだスポーツウェアは最強です!

フィットネスウェア

汗をかいても吸収してすぐ乾く。どんなに動いてもストレッチ性があるからストレスフリー。

最も夏に快適かもしれません。

吸水性・速乾性・ストレッチこれだけでも動きやすく洗濯が簡単なのに、プラスアルファで接触冷感素材。うれしい~!

接触冷感素材のアイテム、どんどん登場しています。

接触冷感とは、触ったとき、着るとき、ひんやりと感じる機能です。

吸汗速乾・接触冷感っていう機能を持つ生地?!汗っかきで暑がりの僕にはピッタリ!

スポンサーリンク

まとめ

身に着けるものは健康への第一歩

夏は紫外線も強くたくさん汗をかき体力も奪われます。その分肌への影響大!

暑い夏を快適に過ごせる機能を持つ生地。

その中から自分に合った衣類選びをしてみてはいかがでしょうか。

ひとりひとり肌質も違います。肌に触れて擦れたり汗をかいたときに素材でかゆくなったりするかもしれません。

様々な素材を試してみて自分の体に最適なものを見つけてください

肌に直接触れなければ大丈夫といったこともあるので、その時はインナーを重視してみてください。

着心地やサイズ感も大切ですが、まずは着ていて気持ちの良いものを選ぶのが健康のためにも大切です。


是非涼しい素材で暑い夏を乗り切ってください!

あなたの『身体にいいこと』としてプラスになれば幸いです。

つぶあん

コメント

タイトルとURLをコピーしました