自分癒し & cocoro ときめく事を見つける blog ゆっくり更新中です!

洋服を買いたいけど、店員が苦手だと感じているあなたへ

⁑衣
⁑衣*日々の暮らし
スポンサーリンク

洋服を買いたいけど、店員が苦手だと感じているあなたへ

洋服を買いたいから、お店に行って実際の商品を手に取ってみてみたい。

でも、店員が声をかけてくるのが煩わしいんだよなぁ・・・。

そんなあなたへ

店員側と客側の両方に立てる私、アパレル店員をしていたつぶあんが実店舗で快適に買い物をしてほしくてこの記事を書いています。

スポンサーリンク

是非お買い物に集中してください


結論から言うと、せっかく足を運んだんです。店員のことは気にしないでお買い物してください!

受け答えすると「買わされちゃう。」と思われる方も少なくないようですが、ここは断固として意志を貫いていいんです!

そんな時、お勧めな返答が「見るだけでもいいですか?」です。

付け加えるなら「質問ができたら聞きます。」と言うような感じで離れてもらってください。

買わせようとしていると感じたなら、「またにします。」と言って帰ってしまえばいいのです。

私は、わざわざ来てくださったお客様がゆっくり見られたなら、ついでに欲しい物もあったかもしれないのにと思う事があります。

目的の物を購入して、「あ。これもいいな。」とプラスアルファな物を見つけて喜んでお帰り頂き、今日はいい買い物ができた!と満足感を味わってもらいたい。

そして自分自身もそういう買い物がしたいのです。

いらっしゃいませ

 あなたがお店に入って着た時、店員の第一声です。

日本ではありふれた光景になりましたね。

これは、私の感覚では、

「ようこそ!来てくださいました。ご来店を確認しましたよ!」

と言うようなニュアンスで大きな声でお出迎えです。

挨拶なので必要な事、更に防犯にもつながります。

残念なことに、中にはどうしても警察のお世話にならなくてはいけない、許せない方も完全には居なくならないんですよ。

なので、見てますよーと言う意味もありますが、もちろん、全ての方に対しては挨拶です。

親しくなるといらっしゃいませが、変化しますよ(笑)

タイミングよく

あれ?この色のこのサイズは無いのかな? どこにあるんだろう・・・?

なんて時に、タイミングよく店員に声を掛けられることってありませんでしたか?

そんな丁度良いときの店員からの話しかけは全然気になりませんよね!

「あ。これが欲しくて。」

「こちらですね!ありますよ!お探しなのはこちらでよろしいですか?」

「良かった!すぐあった。」

なんて、すぐに欲しい物が見つかると嬉しくていい買い物できたと満足しますよね。

店員は、アンテナがピピっと反応して「あのお客様困ってる!」と気付きます。

常にお客様の動向は気にしているからです。

欲しい物が決まっているお客様は店に入ってみえるとその欲しい物へ向かって行かれますよね。

特に急いでいらっしゃる方は、貴重な時間を作ってご来店下さったはず。

できるだけその時間内にお買い物ができるようにとスタンバイモードになっているのです。

無駄を省く

時間が無い時のお買い物は、遠慮しないで是非!訪ねてください。

断然効率がいいです。

店員と話すのは面倒くさい?

でも、自分で商品を探す方がもっと大変ではないですか?

そんな時は、思い切って聞いた方が早いんです。

どんどん質問して、希望に合った物が早く見つかる経験をしてください。

失敗も少なくて済みますし、買い物が便利で楽しいと感じるようになってくるはずです。

店員のタイプとお客様のタイプ

ちょっとだけご紹介。経験してきたそれぞれの癖強めタイプ一例です。

店員編

強引に押してくる店員には、こちらも負けずに強引でいいんですよ。(笑)

押してくるくらいだから、商品を熟知しているはず。

どんどん押してくるけれど、要らない!と言うだけであっさりあとくされ無いと思います。それでも中にはいい物を紹介してくれるかもしれません。

挨拶してくれない店員のことを、気楽という方と、教育がなっとらんと思う方といらっしゃいます。

あまりにひどいようでしたら、問題ですのでこっそりGoogleの口コミにレビューするのはどうですか?

知ってもらいたいですものね!さすがにどうなの?と言う時、私も書き込みしたことあります。

店員の行動に気分を害した場合は、是非その場で冷静に言葉にしてみて下さい。

目を見て話すうちにわだかまりが解けるかもしれません。

最初は勇気がいるかもしれませんが、言ってみるとその後はちゃんと気にしてくださるように改善されていました。

お客様編

店員の作業の手を煩わせてしまうから声をかけないと遠慮されるお客様、それは全く要らぬ心配です。

どうぞ気にされず何でも聞いてください。店員はそれが仕事です。

たまに、お客様の中に頑なに無視を徹底される方もいらっしゃいます。

店員もそこまでされると逆に心配です。レジで受け渡し時にお買い物しにくくありませんか?

セルフのお店でも無視をしてくださいという意味ではありません。

多分、そんなことをしてしまうと後味悪くて、次回から行きにくくなっちゃいますものね。

更に、店員を人と思っていない方もいらっしゃいます。あなたと同じ人ですよ。(笑)

人はそれぞれお互いさまで考えると気持ち良い関係が成り立ちますね。

思い込みを捨てる

店員側として接客時のお客様との会話で、感じることの一つとして思い込みがあげられます。

今まで知らなかった。もっと早く知ってればよかった。などの会話よくあるんです。

ずっと自分で一つの物を買っていたお客様の話

デニムが破れやすいというお客様がいらっしゃいました。

そのお客様はデニムやパンツの股やももの辺りが破れてしまうそうで、ダメになったら慌てて買うを繰り返されてきました。

店員と話すのが嫌いで、自分の履いていたものと同じ定番のデニムを自分で選び、買い続けてきました。

ある日、どれだけ探しても見つからない!と仕方がなくお尋ねに。

調べてみるとその品番は廃番になっており理由を話すと、やむを得ず新しい物にするしかなくなりました。

定番物ではないので2本目をお勧めすると「買わされる」と思ったそうです。

この時、分かっている事実はこうです。

1.いつもしばらく履いていると股とももの部分が破れてしまうから自分で探してずっと定番の同じ物を購入してきた。

2.
定番が廃番となっていたので、新しく違うものを買う事になってしまった。

3.
しかし、その新しい物は定番物ではないので、今後のために追加で2本買っておくことを勧められた。

これは、上記の内容に対して、店員だったら必ずお勧めしたい理由があります。

1に対する答え

まず、破れやすいのは1本のデニムをヘビロテしているから。更に自分のサイズに合っていない物を自分目線で購入していたと分かりました。

2に対する答え

洋服は常に同じものを販売していくとは限らず、定番の物でも月日を追うごとに工場や生地感が変わる場合があります。

3に対する答え

2本を交互に履いていると破れも痛みも半減します。長持ちするので一本がダメになっても慌てません。

と説明を付け加えると、「あ。そうか。もっと早くそうしておけばよかった。」とおっしゃったのです。

思い込みでお買い物されていた結果です。

店員の知識は無料

店員は、商品を販売しているだけではなく、お客様の悩みを解決に導いたり、より良い商品を提供できる知識も持っているんですよ!

そして、それをどんどん聞いたなら、あなたのファッションにプラスしてグレードアップできます。

商品の代金はかかりますが、店員の知識やアドバイスは無料です♪

スポンサーリンク

まとめ


店員が煩わしいと最初から決めずに、まずは気にしないでお買い物してください!そのために来店したんですもの!

店員は、買い物や商品について知りたいとき、困った時になんでも聞けるお助けマンです。

お店や商品の取扱説明書なので、お客様側からじゃんじゃん質問していいんですよ!

是非、悩みや疑問を話してください。

知識も豊富で話も上手な店員がいたなら楽しいお買い物の時間になると思います。

そうなったなら逆に、今までみたいに店員が煩わしいと思って買い物しなくて済みますよね。

それでもどうしても!というあなたにはネットで購入する方法もご紹介しています。

各店員を育てられるのも、実はお客様!あなたとのやりとりでもあるんです。

経験が店員を成長させます。

お客様に嫌な思いをさせるような接客をする店員はいて欲しくないですものね。

販売業は未経験からでも入り口は広いですが、どんどんと知識をつけて行くことができ、お客様に愛される店員こそが欲しい人材だと思います。

お客様の愛のある一言一言が店員の学びになります。

本当に良い店員なら、あなたのために精一杯頑張ってくれるはずです。

そんな店員を一人でも増やしてください!

そんなお店なら逆に行きたくなっちゃいますよね♪

これからのお店は、そんな場所であってほしいです。

つぶあん

コメント

タイトルとURLをコピーしました